木造住宅耐震改修研究所コラム

富山県被災建築物応急危険度判定現場研修会

9月1日は防災の日 富山県被災建築物応急危険度判定現場研修会でした。 地震が発生したとき、被災した建築物が危険であるかどうかの判定を行い、二次被害の発生を防ぐことが重要になります。 今日は、実際の建物...

耐震診断・改修補助金条件にある「違法建築物でないもの」とは

耐震診断の対象住宅は以下の内容になります。 ①木造の一戸建で、階数が2以下のもの ②建築基準法が改正された昭和56年5月31日以前に建てられたもの ③在来軸組工法によるもの ④違法建築物でないもの 耐震改修の補...

【耐震改修のプロによる徹底解説】富山県における巨大地震の可能性(富山県に地震は来ない?)

富山県では近年大きな被害を出すような大地震が発生していません。 そのため、富山県にお住まいの皆さまには「富山は地震が少ない県だ」と感じている方も多いのではないでしょうか。 しかしながら東日本大震災以...

『耐震改修』の観点からみた富山県の住宅の特徴

当研究所は、富山県の建物の耐震改修を専門に手がけています。 今回のコラムでは、耐震改修という観点からみた「富山県の住宅の特徴」について解説したいと思います。 (1)住宅の床面積が大きい 統計によると、...

木造住宅耐震改修を行うメリット

住宅の最も大きな役割は生命を守ることです。 生命を守る住宅には、大まかに3つの機能が必要とされます。 (1) 災害から身を守る:地震、台風、水害、火事、雷etc (2) 健康を保つ:暑さ・寒さを防ぐ。感染症の防止...

能登の偶発地震/富山でも備え怠らずに(6/10北日本新聞社説)

6月10日付けの北日本新聞に「能登の偶発地震/富山でも備え怠らずに」の社説が載っていました。 石川県能登地方で有感地震が多発しています。 富山は有感地震が極端に少ない県ですが、昨年は過去10年で最も多い年...

令和4年度リフォーム減税制度について

令和4年度に、国土交通省関連の税制が大きく改正されています。 その中で、既存住宅(リフォーム関連)改正分を取り上げます。 (1)住宅ローン減税 (2)所得税額の控除 (3)固定資産税の減額処置 住宅ローン減税(既...

白蟻被害

2022年最初の耐震改修現場で、白蟻被害に出会いました。 土台、火打ち、柱下部が白蟻に食われてボロボロになっています。 幸い、白蟻被害は南側隅通し柱の所だけでしたので、この部分の補修工事を行いました。 土...

Googleで「地震 富山」を検索するとトップに出てきます。

当木造住宅耐震研究所のコラムがGoogleで「地震 富山」と検索するとトップに出てくるようになりました。 行政関連よりも上位に出てくることは、ちょっと驚きで大変なことです。 地震や、耐震改修の情報発信がまだ...

北信越 地震リスク大 (2021/10/28富山新聞一面)

2021年10月28日付けの富山新聞一面に、北信越の地震リスクが大きいと記事が載りました。 内容は衛星測位システム(GPS)で地下の「ひずみ」を観測すると、本州で際立って高いのは「新潟ー神戸ひずみ集中帯」となっ...